FC2ブログ

ねこ8レポート

その時折、旬な情報を掲載します。

煉獄さんに胸アツ!日本中の映画館が沸いた「鬼滅の刃」現象とは

ニュース記事から『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』についてご紹介!

週刊少年ジャンプ」で連載され、シリーズ累計発行部数1億部を突破するなど社会現象を巻き起こしている吾峠呼世晴の人気コミックスを原作とした『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が、ついに16日に公開を迎えた。新型コロナウイルスの影響で世界中の映画業界が苦境に陥っているなかで“日本の映画興行の完全復活”を託された本作は、その期待を大きく上回る大旋風を巻き起こしている。
この数日間に全国各地で見受けられた“「鬼滅」現象”をまとめていきたい。


⇒記事はこちら

■前代未聞の上映回数!映画館は久々の活況に
公開前の先週、SNSを中心に大きな話題を集めたのは、前代未聞とも言えるその上映回数の多さ。全国403館(365館+IMAX上映館38館)での上映となる本作だが、全国各地のほとんどの映画館では複数のスクリーンで早朝から夜遅くまで上映されるスケジュールが組まれた。東京・新宿にあるTOHOシネマズ新宿では早朝から深夜にかけて42回上映という驚異的な上映回数となり、新宿エリアだけで1日に100回近くも上映される異例の事態に。

さらに、火曜日や水曜日の深夜に初日のチケットの先行販売が始まると、一刻も早くチケットを確保しようとする人のアクセスが殺到し、各映画館の公式サイトは軒並み大混雑。しばらくサイトを見ることができない状態に陥ったほど。また、公開初日には映画館でしか入手できない関連グッズを求めて早朝から長蛇の列を作るファンの姿が見受けられ、なかには前日から並ぶ強者もいたとか。

緊急事態宣言解除後も座席数を50%に制限して販売していたTOHOシネマズでは、本作の公開に合わせて混雑が見込まれる曜日に限り全席販売を再開(スクリーン内での食事は禁止)している。これまで以上に“密”にならないための対策や感染症対策に各映画館が力を入れているので、久しぶりに映画館に足を運ぶ人はもちろん、本作で初めて映画館に行くという人も安心して映画館に足を運んでほしい。

■熱狂に次ぐ熱狂で、Twitterのトレンドをジャック!
熱狂ムードは映画館だけにとどまらない。初日の初回上映が終了した朝9時ごろから、TwitterをはじめとするSNSではいち早く作品を観た人からの大絶賛コメントが相次いでいる。
テレビアニメ版から格段にスケールアップした物語に驚嘆する声や、作画クオリティの高さを称賛する声、「作画、楽曲、演者の一呼吸さえも、全てにおいて心に響く届く伝わる」「マスクがめちゃくちゃ濡れるほど泣いた…」というコメントや、久しぶりに映画館に活況が戻ってきたことを喜ぶ声も多数寄せられており、Twitterのトレンドには「鬼滅の刃」「無限列車」はもちろん「煉獄さん」などキャラの名前がずらり。映画レビューアプリ「Filmarks」では平均点4.4(5点満点)、「MOVIE WALKER」アプリのレビュー欄でも平均点4.8(5点満点)と大絶賛の嵐を巻き起こしている。

そして現在、全国のTOHOシネマズとTSUTAYA BOOKSで限定発売中の劇場発信型マガジン「シアターカルチャーマガジンT.【ティー】」42号では、約40ページに及ぶ「鬼滅の刃」大特集が組まれている。キャラクターやストーリー設定などの基本情報はもちろん、花江夏樹、鬼頭明里、下野紘、松岡禎丞、日野聡の声優座談会や主題歌を歌うLiSAらクリエイターたちの熱い想いがこもったインタビューが多数収録されているので、すでに「鬼滅の刃」に魅了されている人だけでなく、実はまだこの波に乗れていないという人も必見だ。

■たった1日で10億円突破!?驚異的なメガヒットに
一部の報道によれば、公開初日の興行収入は平日だったにもかかわらず10億円を突破したとみられている。初日には一日も早く作品を観ようと詰めかけたファンが一気に押し寄せたが、土日には親子連れの姿も多く見受けられたことからも、初日から3日間の興行収入30億円突破は確実との声も。
ちなみに昨年夏に公開され、最終興収140億円を超えるメガヒットとなった『天気の子』(19)の初日から3日間の興行収入が16億4000万円だったことを考えると、本作が異例の大ヒットとなっていることがよくわかる。“令和の国民的アニメ”がどれほどの大記録を打ち立てるのか。その興行収入の推移から片時も目が離せなくなりそうだ。
10/18(日) 20:30配信MOVIE WALKER PRESS

スポンサーサイト



2020年10月19日 お知らせ トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する