ねこ8レポート

その時折、旬な情報を掲載します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

セカンドライフ、初心者向けマニュアル続編

今回は、セカンドライフでのお金ネタ。
リンデンドルの基本情報と、無料で稼ぐコツです。

「Second Life」は3次元仮想空間とはいえ、立派な世界です。
そこには通貨【リンデンドル(L$)】が存在し、相場の変動も
あります。土地を買ったり、服を買ったり、アトラクションを
楽しんだりするためには、現実の世界と同じようにお金が必要
なのです。

▼大体のレート
1ドル=270リンデンドル

1ドルを120円とするなら
120円=270リンデンドル

100リンデンドル=45円くらい

セカンドライフ内での金額を見て、日本円の計算をしたいのなら
表示額の半分より少し安め、と考えるのが妥当ですね。
少し大雑把ではありますが…。

ちなみに、このリンデンドルは現実のお金(米ドル)を換金する
ことができます。米ドルへの換金は、セカンドライフ公式ホーム
ページやゲーム内から行うことができますよ。
https://secure-web9.secondlife.com/currency/

リンデンドル(L$)の購入は、クレジットカードかPaypalで、
リンデンドル(L$)の売却は、小切手かPaypalで行います。

1000~2000リンデンドルほどあれば、満足のいくアイテムは
揃います。好きなだけセカンドライフを堪能できますよ。
ようするに日本円で1000円くらい使えば充分です。

▼無料でリンデンドルを稼ぐ
お金なんてゲームに使いたくない!
そんな方には無料でリンデンドルを稼ぐ方法を教えます。
セカンドライフ内にはリンデンドルを入手する方法はいくつかあります。

■ダンスパッド
ダンスパッドの上で10分くらい踊ると、数リンデンドルのお金を
貰うことができます。クラブやホールなど、人が集まって欲しい
場所に設置されていますので【検索】して探してみて下さい。

■マネーツリー
一定時間毎に1リンデンドルのお金が枝になる「お金のなる木」。
これは「osaka」にもありましたよね?

※他にもマネーボールや、ある働きをこなすとリンデンドルが貰
えたりすることもあります。英語の世界に飛び込めば、けっこう
簡単に稼げますよ。映画などで一文無しの主人公がアメリカで働
くシーンを想像して動き回って下さいね☆
ただし、時給10~12L$の低賃金な仕事で良ければの話です…。

だから次回はフリーマーケットなどの紹介をしますね。

スポンサーサイト

2007年04月10日 (旧)カテゴリ トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。