ねこ8レポート

その時折、旬な情報を掲載します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

【就業支援】転職サイトを活用してコールセンターを見つけよう!

コールセンターの見つけ方は簡単です。

例えば・・・どのくらいあるのか?
アルバイト探しの総合サイト フロム・エー ナビで
試してみましょう(2/25付)

■関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)
職種 オフィスワーク・事務 > コールセンター【371件】
正社員:3件
契約社員:40件
派遣社員:190件
パート・アルバイト:143件

■関西(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
職種 オフィスワーク・事務 > コールセンター【164件】
正社員:2件
契約社員:14件
派遣社員:68件
パート・アルバイト:92件

■東海(愛知、静岡、岐阜、三重)
職種 オフィスワーク・事務 > コールセンター【62件】
正社員:0件
契約社員:11件
派遣社員:13件
パート・アルバイト:39件

■中国・四国
職種 オフィスワーク・事務 > コールセンター【20件】
正社員:0件
契約社員:3件
派遣社員:14件
パート・アルバイト:20件

■北海道・東北
職種 オフィスワーク・事務 > コールセンター【31件】
正社員:0件
契約社員:7件
派遣社員:18件
パート・アルバイト:9件

■九州・沖縄
職種 オフィスワーク・事務 > コールセンター【44件】
正社員:0件
契約社員:10件
派遣社員:19件
パート・アルバイト:19件

さすがにフロムエーですし正社員は少ないですね。
地方では皆無と言っても良いでしょう。

それで良いのです!!

あくまで、当ブログは、自分の夢、成りたかった職業へ転職する
までの大事な準備期間を無駄にせず、稼ぎながらも、プラスαの
実現をコンセプトにしています。
正社員になれば、疎ましいことも多いので、コールセンターで
働くということにおいては、正社員になることを考えなくとも
構いません。

この業界が大好きになったら、狙ってみて下さい。

●さて、ここでのポイントは1つだけです!

狙いは、ずばり・・・契約社員です!

パート・アルバイトは、次の仕事がもうすぐ決まりそう、
コネがある等の短期的な繋ぎとして考えましょう。
また、バイトが担うような業務は短期的なプロジェクトで
あることも多く、予期せず、来月には解散なんてことも。。

1年、2年と資格の勉強をしたり、通信教育でスキルを磨く
つもりなのであれば、契約社員です。

何故か?

まず、給料が安定する。福利厚生、有給休暇もきちんとある。
当然、社会保険も完備されている。
それでいて、仕事はバイトやパートのおばさんができる程度。

契約はおそらく着台(オペレーターとしてデビュー)するまでの
期間で一区切り。そして、その後は3ヶ月、半年、1年と様々。
※派遣だと3ヶ月とかの見直しが毎回入ったりします。

できるだけ1年以上は働けることをアピールして契約社員を
狙って下さい。

メリットは・・・
・腰を据えて将来のことが考えられる。
・有給休暇がもらえる。
・辞める時は一ヶ月前に言えば済む。
 契約社員なので何も気にしなくて大丈夫。
 ※タイミングが良ければ満期に併せて転職を。


デメリットは・・・
・慣れてしまい、ダラダラと年月を重ねてしまう。
・それにより、元々やっていた職業のスキルも衰退してしまう。


こんなところでしょうか。

在籍する年月としては
オペレーターだけであれば続けて1~3年くらい。
SV(スーパーバイザー)に昇格できたなら5~6年くらい。
MG(マネージャー)までなれたなら、10年くらいですかね。

そのうち記事にしますが、SV→MGと上にいけるならやりましょう。
次の転職のプラスになりますし、同じ業界なら、SV候補、MG候補で
リスタートは全然可能です。ここがポイントなんです。

あまり考えてはいけませんが、再び転職で失敗(イヤですねw)と
なっても、オペレーターからやり直しをする必要もないですし、
給料も高めな状態で準備期間の構築が可能になります。

●人気ブログランキングはこちら

スポンサーサイト

2013年02月26日 就業支援(コールセンター) トラックバック(0) コメント(0)

【入門編】見込めるキャリアアップ

コールセンターで何が得られるのか?

そう思う方は多いでしょう。

もっと将来の役に立つことを学んでいける仕事。
そういう職場に勤めたい。

結構なことだと思います。

しかし、どうですか?
すぐ就職や転職は決まりそうですか?

経験も資格もない貴方を雇って、育ててくれるような
企業が見つかりそうですか?

ムリだと思います。

特に転職に関しては、即戦力が求められます。
情熱だけでは通じません。

そうこうしている内に貯金は少なくなり、失業保険を
貰える期間も終わってしまいます。

ジリ貧ではないですか?

自分は、勢い良くIT系の会社を辞め、飛び出したは良いが
転職は見つからない。
どんどん貯金は減る。鬱病になりかける。
何も良いことがなく、死にたい・・・とも思いました。

個人的な経験からすれば、コールセンターで働いてみて
失ったものはありません。

将来への道が開けたといっても過言ではないでしょう。

▼ポイント
・安定した収入
 →非常に大事。精神的な落ち着きを取り戻しました。

・悪くない職場の環境(場所・清潔感・福利厚生など)
 →通勤するのがイヤにならない環境は大事です。

・座って話すだけなので、深く考える必要がない
 顔も見えないので、そこまでストレスにならない。
 →ひたすら電話をとって、お礼を頂いたりお叱りを受けて
  一日が過ぎます。
  しかし汗をかいたり、怪我をすることもありません。
  また、どんなに失敗してもSVの責任でしかないので、
  そんなに気に病むことは実はありません。

・人と話すことに殆ど抵抗がなくなる。口達者になるw
 →これは非常に大事なことです。また、ビジネス会話も
  かなりのレベルが身につくので、一石二鳥です。
  
・週2の休みは確保でき、有給休暇も気兼ねなく取れた
 →オペレーター時代はそんなに気にしなくても大丈夫。
  大体、半年勤めると有給休暇が付与されます。

・時間ができたので、将来のことを考え、勉強ができる
 →焦って転職するのは禁物だと分かったはず。
  何故、失敗したのか?を収入を得ながら考えることができ、
  必要であれば資格などの勉強をする時間がある。
  
自分がもし失業したのなら(イヤですけどw)
迷わず、コールセンターで働きます。
もちろん期間は決めて、転職活動もします。
せいぜい一ヶ月ですかね。それ以上はお金が厳しくなるので、
すぐにコールセンターで働いて、一旦収入源を確保してから、
次のステップを考えようと思っています。
まあ、そこそこ稼げますし。貯金も出来ます。

このように一度、経験を得てしまえば競合他社が多い業界で
路頭に迷うことはありません。


違う業界に挑戦するための下準備をする期間としても
コールセンターは最良の職場だと思います。


コンビニや飲み屋でバイトしてヘトヘトな状態で資格勉強など
できるわけもないのですから。

●人気ブログランキングはこちら

2013年02月25日 就業支援(コールセンター) トラックバック(0) コメント(0)

【入門編】コールセンターの環境

今回はコールセンターの環境についてになります。
要するに働きやすい職場かどうかということですね。

立地的には、駅に近く、オフィスビル内というのが
定番です。たくさんの人が必要なので集まりやすい
ところに存在します。

センターは基本的にセキュリティ面でしっかりしています。
IDカードや暗証番号で認証して中に入るのは当たり前。


何故か?

それは個人情報を扱っているからです。
こういうことが守れていないとプライバシーマークとかは
企業が貰えないのです。認可されないということですね。

さて、話は逸れましたが・・・

よってオペレーションルーム内は特に厳重です。
そのセンターやクライアント企業よっても変わりますが
携帯やUSBなどの電子機器の持ち込みがNGってところも
結構あります。

理由は同じく、個人情報の取り扱いが主です。

では、働きにくい環境なの??

そうではありません。
個人的には、非常に快適でした。


まず、大きなビルの中なので綺麗。
トイレが汚かったりしたら、どうですか?
neko8は絶対イヤですw

リラックスできる休憩所がある。
これもセンターの場所や規模、売上でも変わりますが、
喫煙所や自動販売機、テレビなどもあり、窓からの景色も
綺麗なんていうところは比較的、多いです。

高層ビルの中に入っているコールセンターなら尚更です。

あと、漫画がたくさんあるセンターもありましたし、
Wiiなどのゲーム機があったセンターも知っています。

携帯電話も休憩所や喫煙所では使えます。
仕事する時だけロッカーに入れるというイメージで良いでしょう。

●人気ブログランキングはこちら

2013年02月24日 就業支援(コールセンター) トラックバック(0) コメント(0)

【入門編】コールセンターとは?

そもそも、コールセンターって何?と思う方もいるでしょう。

保険会社のCMで電話対応しているお姉さんとかを思い浮かべて
何となくイメージすることは出来ても、具体的にどんな業界で
どんな仕事をして、どのくらい報酬が貰えるのか、詳細な部分
は結構、曖昧だと思います。
――――――――――――――――――――――――――――――
■コールセンターとは

顧客への電話対応業務を専門に行う事業所・部門。
大手企業の問い合わせ窓口のような、電話回線数や対応する
オペレータ人数が多い大規模な施設を「コールセンター」と
呼ぶことが多い。日本では104番号案内や116総合受付などの
日本電信電話公社の電話業務センターおよび民間業者による
電話代行に端を発する。
企業によって有料サービス、もしくは無料サービスにて受け
付けている。

一般消費者向けの通信販売・サービス業・製造業を行う企業
(会社)が、苦情・各種問い合わせ・注文を受け付けるもの
が多い。 また、従来は受付対応(インバウンド)が主業務で
あったが、近年は新規顧客の開拓業務やマーケティング
(アウトバウンド)にも利用されている。

■業務は大きく分けて二つ

消費者からの電話を受けるインバウンド (In bound) 、企業から
セールス等の電話をかけるアウトバウンド (Out bound)の二つに
分かれる。
両方を扱うセンターもあれば、どちらかを扱うセンターもある。
――――――――――――――――――――――――――――――

ここまではウィキでもグーグルでも調べれば分かりますよね。
次は、実際に採用面接から着台(オペレーターとしてデビュー)
するまでの流れをさらっと説明します。
※個人的な経験からどこも大体同じです。一般的なイメージで。

おそらく求人を見つけて採用面接まではすんなりと進めます。
(この辺のポイントは【就業支援】のカテゴリで詳しく書きます)

採用が決まると、研修期間の説明があり、いよいよ出社です。
研修期間はセンターが請け負う業務内容にも拠りますが、概ね3日~
1ヶ月くらいでしょう(学ぶべき知識の多さに比例すると思います)
※この研修期間中もきちんとお給料は貰えますのでご安心下さい。
 研修期間とデビュー後の金額が変わる場合があるので事前に確認を。
 時給なら1000円~1600円(地方~都内)くらいでしょうか。

研修中に必要な知識を学んで、電話対応の練習をして、次はOJTです。

(OJTとは【On-the-Job Training】の略で職場の上司や先輩が部下や
後輩に対し具体的な仕事を通じて仕事に必要な知識・技術・技能・
態度などを意図的・計画的・継続的に指導し、修得させる期間のこと
をいいます)


つまり、実際のお客様の対応して近くで聞いていた先輩からフィード
バックを受けながら、一人前になる訓練ですね。

着台が決まったら、大体はチーム(班)制なので、SVに挨拶して、
チームのメンバー同士で仲良くなりましょう。
※社会人としてのコミュニケーションという意味で。
 必要以上にベタベタする必要もないですが、挨拶くらいはしましょう。
 気持ちの良い職場作りに貢献すれば、周りからの印象も良くなります。


ちなみにSVとは、スーパーバイザーの略です。
コールセンターでは管理者的な役割を担っています。
つまり、直属の上司ということになります。

後はシフト通りに出勤して電話を受けるだけです。
業務内容にも拠りますが、1日20件~40件くらいでしょうか。
アウトバウンドだったら、こちらから電話するので、100件、200件
ほどかける場合もあります(相手が出ないことも多いですし)
インバウンドは逆にお客様が用があって電話してくるので、100件も
話せません。
だって、1人当たり5分で対応しても通話だけで500分。。
休憩なしで後処理(履歴作成)時間を抜いても8時間以上かかります。


こういったルーチンワークの他に毎日の朝礼やチームミーティング、
個別の面談、レクレーション、頑張った人への表彰式などイベントが
あります。

以上となります。
用語集や面接のコツなども記事にするので、のんびりお付き合い下さい。

●人気ブログランキングはこちら

2013年02月24日 就業支援(コールセンター) トラックバック(0) コメント(0)

アベノミクス株高で採用増!コールセンターを増設

コールセンターの求人が増えそうなニュースですね。
定期的に大量募集がよくあるので、チェックしておきましょう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130219-00000115-san-bus_all
安倍晋三政権の政策期待による株高を受け、SMBC日興証券が
平成26年春入社の新卒採用人数を、前年並みだった当初計画から
2~3割程度増やす方針だ。
大和証券グループ本社も今年春入社と比べて約1割増やす見通し。
株式や投資信託の売買が活発化する中、個人向け営業部門を中心に
強化する。証券業界ではバブル崩壊後の相場低迷で人員削減が進んで
きたが、増員の兆しが出てきた。

 日興は当初、26年に約300人の採用を計画していたが
「株式市況の改善」(同社)を受けて400人近くまで採用枠を
広げることを検討。主に全国の支店で個人投資家向け営業部門を
増強し、高まる投資ニーズの取り込みを加速する。

 大和は26年春の採用数を約550人規模に引き上げて
「リテール部門を一層強化する」(同社)。
野村ホールディングスは増減を含めて検討中としている。

 このほか、カブドットコム証券がコールセンターを増設するなど
新卒以外でも人員を増強する動きが出ている。

 日本証券業協会によると、24年末の証券会社の役員、従業員を
合わせた人数は前年末比約6.5%減の8万4802人と昭和51年
以来の低水準だった。

産経新聞 2月19日(火)7時55分配信

●人気ブログランキングはこちら

2013年02月19日 就業支援(コールセンター) トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。